ホモ牛乳

下品なことを言う係です

熱狂的ファンは同志を殺す

こんにちは、りきまるです。

 

 


趣味を持つと、仲間が増える。仲間が増えると、意見が増える。意見が増えると、知識が増える。知識が増えると

 

 

最近流行っているドラマで「逃げ恥」ってご存知ですか?「逃げるは恥だが役に立つ」ってやつ。

ぼくもちょろっとだけ観ています。エンディングで流れる星野源の恋に合わせた恋ダンスも流行ってますよね。

 


突然話が変わりますが、僕は椎名林檎ファンです。通っぽく言うと「愛好家」でしょうか。
多くのSNSには椎名林檎愛好家の集まるコミュニティが複数存在していて、僕もそのいくつかに参加しています。
それらに属すると色んな層の愛好家がいることがわかりますし、色んな愛好家とのコミュニケーションも楽しめます。(愛好家って書くのもう飽きたんでここで辞めます)
最近好きになって聴き始めたという方もいれば、昔は好きだったという人、中にはとんでもなくマニアックな情報を持っている方もいたりする。
これはインターネットだけじゃなく、オフ会なんかで集まった時にも同じことが言えて、みんなそれぞれ好きの度合いが違うんですよ。まったくと言っていいほど。
でも、ある程度のファンの間では「好きであればあるほど、詳しければ詳しいほど正義」みたいな空気がある。
これって外からみたら怖くないすか?やばいよこれ。詳しくないと罵倒されそう。そんな中に入りたくない。

 


例えばさ、肉好き仲間と焼肉食いに行ってさ、肉の部位についてめっちゃ詳しく語られてさ、その話についていけなかったときに「なんでそんなことも知らないでこの肉食ってんの?それで焼肉語れんの?」って言われ…ごめんなさいちょっと例えがわかりにくいかも。でも大体こんな感じですよ。

 

って言うのもこの前、ツイッターで「ドラマから入って星野源ファンになった人が星野源語れんの?」みたいなツイートを見かけて、

「え?この人なんなの?」って思ったんですよ。え?新参はどれだけ好きか語っちゃいけないの?って。

知ってる曲は少ないかもしれんけど、でも同じものが好きっていう言わば同志の気持ちを踏みにじるのは良くないだろって。

 

 

以前、飲み会で知り合った人に「椎名林檎好きな人たちって怖いよね」って言われてちょっと傷ついたんですよ。ぜんぜん怖くないよ。
でも上の焼肉の例えで書いたようなことをファンに言われたら僕も怖いって思っちゃうと思う。
星野源を好きになった人もそういうことがきっかけで言い出しづらくなっちゃうと思う。

少なくとも僕は、ちょっとでも林檎好きな人は仲間だと思いますし。
せっかく同じものを好きになった同士仲良くしたいと思いますし。

熱狂的なファンの人たちも凄いと思うし、尊敬する部分もあるけど、せっかく得た知識だったりファン歴なんかを武器として振り回しちゃうと、新参愛好家の人たちは淘汰されちゃうんじゃないかな?と思った次第です。
みんな仲良くハッピーになろうぜ〜
大体そんな感じ。


 

ちなみにぼくは「くだらないの中に」あたりから星野源を聴いてるけど別に語れるってほどじゃない。ドラマだって毎週欠かさず見てるわけじゃない。けど、星野源の音楽は好きだし、抱けるなら抱きたいと思ってるよ。

だから、いろんなアーティストや俳優・タレントのファンの人たちは、もっと心を広く持ってほしいなと思いました。

 

つーかもう文章まとまんねえから

 

 

 

おしまい

↓絶対押すなよ?↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村